カマグラの副作用は

ED(勃起不全)の治療効果だけでなく副作用もあるため、服用される方の理解が必要となります。

バイアグラと同じ主成分のシルデナフィルクエン酸塩を含有しているので、バイアグラと同様の副作用があります。頭痛・めまい・倦怠感・のぼせ感 ・鼻詰まり・腹痛・吐き気・消化不良・頭部及び胸部の拍動感・急な血圧の変化などの症状が挙げられます。
副作用の症状は、症状が全く無い方や症状が比較的軽い方から症状が重く現われる方まで個人差があります。

効果が表れている4~5時間の間に副作用の症状が治まればあまり気にすることはないのですが、服用後6時間以上経過しても副作用の症状が治まらない、カマグラの効果作用が治まらない、または上記以外の重篤な症状が現われた場合など服用後に異常が現われた場合は速やかに医療機関へ行き、医師による診察を受ける事を推奨します。